介護給料ブックScreensエバー

介護給料ブックScreensエバー

介護給料と自分について

  • TOP PAGE
  • 気になる介護士の給料について

気になる介護士の給料について

全国において、介護士の年収は平均して280万円ほどです。

ですが、国立、県立などの公立施設で働く場合は、公務員としての勤務であるので、年収は平均すると、350万円くらいになります。公務員にも準じるかという携帯の介護士の転職は給料UP率も民間の施設より高くて、福利厚生の面でも充実しているのです。


ただし、介護士になりたての新米場合だと、一般的な介護士の転職よりも平均年収が70万円ほど低いのです。


介護士の勤務形態というものは、他の職種と比較すると特殊である上に職場によっても変わってきます。

一般に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっていることが多いです。
約3割が2交代制、約7割が3交代制なので、3交代制を導入している施設が多いのです。
しかし、2交代制の方が休日が多いため、2交代制がいいと思う介護士も少なくありません。

施設や医院を職場とするヘルパーや介護士も多くいますが、キャリアを大切に思っているならば大きな施設で働くことがおススメです。小さな療養所などとは異なり、大きな施設で働いているとさまざまな症状を持った方を診ることになるため、多くの症例とケアマネージメントを学ぶことが可能です。目指していた介護士となっていざ働いても周りの環境が変わり思い通りにヘルパーや介護職転職の仕事を中断こともあり得ます。

結婚して子供が生まれるなど自分を取り巻く世界によるものが現実問題となりえます。キャリアアップを志して転職する介護士業務も世の中にはいます。
スキルを高めることで、高収入を狙うこともできます。
気になる介護士の給料について
その職場によっても介護士の業務内容は異なっているため、自分が合うと思える職場を見つけられるといいですね。施設での介護ケアが合うと感じる人もいれば、特養が合うという人も存在するので、前向きに転職していくのもいいかもしれませんね。

昨今は高齢化社会が進み、福祉施設でもヘルパーや介護職転職の必要性は広がってきているのです。

加えて、大会社になるとメンタルケア等にも専門の介護士がいて、健康診断や健康相談、そして、ストレスなどのメンタルケアを手がけています。このような時は、この会社の正社員として入社することもありえるでしょう。

介護士の当直が16時間などにおよぶ長時間の勤務となっているので、仮眠を勤務時間中にとることができるのです。けれども、患者さんの異変などがあれば仮眠の時間は無しの勤務になることもあります。
夜勤の回数については基本的に8回までに抑えるべきだとされていますが、限度を超えてしまうことも多いです。
勤め先の就業スタイルはまちまちで、時として生活がとても不規則になってしまったり、過労になりやすいのも、介護士としての業務を辞める割合が高い理由のひとつだと思われます。
一般的な介護士業務の給料の平均は月28万円と言われています。

施設に勤めている平均的なヘルパーや介護職転職の給与がこのあたりだということ。

夜勤手当がつくためにトータル収入額は夜勤がない職場でのヘルパーや介護職転職と比べると高いと言えます。

平均的なOLさんについていえば200万円後半というところですから、介護士だとかなりの高給を得ることが出来ると言えます。

安心して働ける職場を探し出したいとすると、残業代をただしく規定しているケアする施設などを選びたいですね。場合によっては半日程度の残業は残業に計上されないところがあると聞いたことがあります。介護士業務の職場はこのように残業が消えることも多い部類ではないでしょうか。多くの介護士業務が職場として選ぶものでまず挙がるのが治療する施設です。ただその中にも様々な種類に分けれれます。

関連記事

介護給料ブックScreensエバー

介護給料と自分について

Copyright (c) 2014 介護給料ブックScreensエバー All rights reserved.

介護給料ブックScreensエバー